どこにいても紫外線の影響は避けられません。

| コメント(0) | トラックバック(0)
日焼けしたくない・・・・・・だからなるべく晴れの日は外に出ずに、家からもなるべく出ないようにしよう!!

確かに浴びる紫外線の絶対量は減少するとは思います。

またまだガラスを通過すると30%程は減衰してしまいます。

ですが、室内にいても日光から逃れることは難しく、また紫外線は直進性が強く、曇の日も強く照射されてします。また仮に行えたとしても非常に不健康な生活となり、肌にくすみや赤腫れが起こる可能性もあります。

つまり、どうしても日々の生活では紫外線の脅威からは逃げれません。

だからこそ日頃のケアを行うことが、美白を保つのに必要不可欠なのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ii-sentaku.com/mt/mt-tb.cgi/17

コメントする

カテゴリ

  • 肌の色
  • 肌を白く

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja

このブログ記事について

このページは、imagineが2014年4月16日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コラーゲンはターンオーバー正常化の夢を見るか」です。

次のブログ記事は「紫外線だけではない黒ずみの原因」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

関連情報を知るなら肌の色を白くする方法で見られます。